読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

【毎日を、少しだけ、生きやすく】

金融系27歳OL。旦那さんは転勤族で、今は単身赴任です。過去経験した流産・留学・学生生活、そして社会人として。日々想いを綴ります。皆様に何か一つでも、生きやすく、心が軽くなる言葉を発信出来ますように。

結局のところ人が動くのは、心に刺さる何かを言われた時。

 こんばんは。

今日は年に複数回ある内の初回面談でした。

下半期から異動願いを出している私ですが、

今回はもっぱらその話題でした。

 

今の仕事は好きです。

やりがいもあり、裁量もあり、職場のメンバーにも恵まれ

この会社に新卒としては入れたことは、幸せだと胸を張って言えます。

また、お客様や関係各所から、お礼の言葉を言われたり

安心してもらえるように努めたり。

社会的意義も感じます。

 

だからこそ、異動願いを出して、半年離れてでも

働き続けたいと思っています。

 

しかし、やはり異動すると、次の職場での人間関係や

働き続けるためには周りの方から認められる必要もあり。

会社としては、絶対とは強制しないものの、

子供はすぐに作らない方が良いかと思うと、暗に話が出ました。

 

会社の制度を利用させていただく以上致し方ないと思います。

とてもよく分かるからこそ、何とも答えられませんでした。

 

自分の人生を振り返ってみると、

自分に思い当たる節がある事について言い当てられた時

心に刺さる言葉になると思います。

 

高校1年生の時、今後の経験のためと

先輩ばかりの選抜メンバーと共に合宿に行った時。

先輩より早く着こうと走っていた私を、ある先輩が呼び止め、

一緒に行こうと言ってくださいました。

迷いながらも、先輩を置いて走っていくわけにもいかず。

けれども、やはり先生からは

「他の先輩より遅く来るなんて言語道断。」

と言われ。

今の会社での上下関係も、大変勉強させていただきました。

 

ある時は大学の時。

卒業論文を書きながら、ゼミの先生から、

「本を写すことならば誰でもできる。文章を書くことは思考することだ。」

と言われた時。

宗教関連の話が理解出来なかった私は、

色んな本をつなぎ合わせていました。

先生のお言葉通りでした。

 

確実に、今の私を構成する一部であり、大いなる学びのチャンスでした。

そして、今日も近しい気分になりました。

 

このブログに子供に関する

鬱々とした話が出すぎていると感じたので、

もっと他に目を向けようと

月に最低5冊は、自分の興味がある

小説・自己啓発・株・NLPに関しての本を読む、

そして、良い言葉は書きとめ、盗むと決めていました。

 

けれども、今日の面談があり、

何だか悩みが多すぎて、

会社の状況、自分の立場が分かるからこそ、苦しくて。

嘘をついて「わかりました!」

とその場だけでも言えたらどれだけ良かったか。

 

みすみす自分から異動の可能性を下げた気もしましたが、これが私です。

その場を取り繕ってもきっと後で後悔します。

だから、いいんです。

その代わり、この悩みを手放したくなりました。

 

旦那さんの単身赴任があっても、

いつでもどこでも働けるようになりたい。

この気持ちが大きくなりました。

 

TOEIC835点のため、900点まで延ばすか、

映像翻訳等で在宅ワークをするのか。

 

準備期間として今日か少し考えたいと思います。

余り子供のことばかり考えていても、精神上良くないと思うので。

新しい目標を定めて、少し頑張ってみたいと思います。

深呼吸で諦める。

こんばんは。

ずっと更新が停滞してしまい、

申し訳ありませんでした。

しばらく体調が優れず、

パソコンも暗い画面のまま壊れてしまい、

中々更新できませんでした。

 

今日からまた少しずつ書き連ねたいと思います。

  

さて、今日はパソコンを購入したお話についてです。

私は初期設定とデータ移行を混同してしまい、

データ移行を依頼したと勘違いしていました。

 

勿論、初期設定のみされた状態でパソコンが戻ってきました。

当然ですよね、その分のお支払いしかしていないので。

 

以前の私ならば、データが消えたことに関して

頭がいっぱいになり、親に八つ当たりをしたり、

どうしようと不安でいっぱいだったと思います。

 

けれども今回は

「10年分の音楽が消えたくらいかな。

写真はすべて2重になってよくわからない状態だけど、

以前外付けハードディスクに落としたし。」

 

新しいパソコンに古い重いデータが無くても、

再出発には良いかも、とさえ思えました。

 

実は、対応してくださった店員さんが、

私はバックアップを作っていないと言っていたこと、

けれどもシステム担当者からバックアップがあると聞いたこと

を認めてくださったという背景もあります。

 

この事実は大きかったと思います。

私もちゃんと聞いていなかった部分があり、

時間もなかったため急いでいた事実もあると、

素直に自分の非を受け入れる事ができました。

 

トラブルが起こっても、

深呼吸をして落ち着いて、

最悪のケースを考えてみると

意外と大したことないかも…

と思えたりもします。

 

イライラせず

【何とかなる】と信じて心から思っていると、

何とかなることって多いように思えます。

 

世の中気持ちだけで乗り切れないことも、

もちろんあると思います。

けれども、

自分ではどうしようもないことを

良い意味で諦めてみる。

押してダメなら引いてみる。

ゴンゴンとぶつかり、辛い!とその度に思うのではなく、

丸く生きていきたいです。

 

そんな事を考えながら、

旦那さんが単身赴任の中、

目下の悩みは休みの日と生理が来る日と排卵日。

こんな自分が嫌にもなりますが、

いつか懐かしくなることを信じて。

今日もお風呂でゆっくり休みます。

 

どうしても叶えたい事に対して、

執着してしまっているのかな。

 

異動願いが叶う半年間は妊活お休みしなさいってことなのかな。

お休みは早い者勝ちで埋まる部分もあるので、

予測出来ずスケジュールとにらめっこ。

 

そんなことしても、自分で決められないので

意味がないって頭ではわかっているのに。

急にお休みをずらして皆に迷惑をかけてしまったことも、

理由を話せずもどかしかったり。

 

こんな時こそ、【何とかなる】と手放したいです。

強がりでも、すべては自分にとって良い事と

受け入れたいです。

 

自分の思い通りにならないから、人は不安や恐れを抱くと思います。

そもそも、思い通りってあるのでしょうか?

この世に生まれるだけで、奇跡の連続なのに

自分が毎日をコントロール出来ると思っているのでしょうか?

 

不安や心配に駆られた時は、

大丈夫と深呼吸して、考える事を止めるところから

まずは始めたいと思います。

プラシボー効果でも良いのではないでしょうか。

こんばんは。

今日は今月頭から行き始めた鍼灸について書きます。

 

通い始めたきっかけは、

流産後中々生理が安定しなかったからです。

 

流産の手術後私の場合は29日後と、

比較的早い時期に生理が来ましたが、

術後中々血が止まらず、いつ生理が来るのかと

待ち遠しくて仕方がありませんでした。

 

しかも、生理が来るまでは、

低音期と高温期の違いが全く分からず、

毎日ガタガタでした。

 

なので、初めての生理が来た時は、自分の身体がとても愛おしくて。

また次へ向けて頑張っているんだと感じて。

 

しかし、その後はその後で、

基礎体温が安定しないことが悩みの種。

排卵していないのではないかと心配になり。

 

ここに書いていると本当に気にしてばかりですね。

考えてもどうしようもないと頭では分かっているのに。

 

今は今で、友達の妊娠報告や子供に会いに行く時

嬉しい反面、少し辛かったりしたり、

言葉には出さず、笑顔で受け止めようと努力はしているつもりですが

そんな事を思ってしまう自分も器が小さいなと思ったり。

 

今は周期も31日ほどで安定しましたが、

生理前おりものに血が混じるようになってしまい、

ツムラの漢方当帰芍薬散を飲むと共に

少しでも改善すればと願いを込めて、鍼治療を始めました。

 

初めて鍼治療に行ったのは、高校生の時。

昔は肉離れ治療のために、顧問の先生がよく効くと信じていたので、

連れて行ってもらったことがきっかけです。

 

余り痛いイメージはなく、たまに痛い時があったのですが、

今回は結構痛みがひどく、打つ鍼の7割近くは痛みます。

特に腰が悪くなっているようで、

思わず「あいたたた。」

と声を出してしまう程です。

 

通常デスクワークが主なことが原因だと思うのですが、

それに加え単身赴任先への長期電車での往復も加わってしまい…

その他にもパソコンの打ちすぎで右手がパキパキなるのが続いたり。

膀胱炎になったり、痔になったり。

今年は身体の不調が続いています。

 

けれども、毎日の事なので、お医者さん開発の円座クッションや

バンテリンサポーターを使って、

日々ケアしています。

 

鍼治療を受けると、治療前後で腹部を押されて痛い場所が変わって

身体の悪い場所が当てられたり、

目を閉じて50歩歩く、骨盤のずれを見る体操も動く位置が減り

先生の仰ることに納得感がありました。

 

しかし、私は頭の中で、

「ああ、プラシーボ効果だなあ。」

と思ってしまいました。

 

けれども同時に、それは寂しいと思い直し、

「せっかく治療に行くのであれば信じたい。」

と思いました。

 

圧倒的な回復を夢見て通います。

 

カウンセリングをしだしたら、

気になる部分が沢山あり

「これは時間がかかります。」

と言われた私ですが、

少しでも回復をお伝え出来ればと思います。

 

結婚記念日。

昨日は、結婚記念日のため小豆島へ1日がかりで行ったことから、ブログ更新出来ず申し訳ありませんでした。


お天気にも恵まれ、潮風が気持ちよく、時間の立ち方や自然を身近に感じるため、多くの方が、島へ非日常を求める気持ちが、とても良く分かりました。


最近、GWという事もあり、色々な観光名所へ行くうちに、自然の力はやはり偉大だと感じました。


24の瞳映画村、オリーブ公園、日本三大渓谷の一つ寒霞渓。

海あり山あり、眩しい新緑・潮風・日光を浴びて、深呼吸をして、ゆったりとした時間を過ごす事で、とってもリフレッシュできました。


小さい頃は断然遊園地や楽しいことや、物を買ってもらう嬉しさを求めていましたが、今は経験や思い出こそ贅沢だと、考えも変わって来ました。


ハートのオリーブの葉っぱを見つけたら、幸せになれるらしいとの言い伝えを目にしまして。

しかし、既にオリーブ公園を後にしており、

せっかく来たのであれば、探したかったと悔やんでいると、

「これ以上幸せになってどうするの。」

と言われました。


この人と結婚して良かったなと改めて思いました。


いつも、私を幸せにしようと頑張ってくれます。

単身赴任が決まった時、寂しさから

「毎日電話しようね。」

と言ったことを、私自身も忘れていましたが、きちんと守って毎日電話してくれます。


「毎日電話してくれるね。」と言うと、

「毎日電話するんじゃないの?」と言ってくれます。


一緒に住んでいた時、些細なことですが、わたしの方が家事が多いなあと思ったことや片付けてもお部屋の物が多くなっていく等、旦那さんに対して思うことがゼロではありません。


こう言った塵も積もれば山となる不満は、皆様ご経験があるかと思います。


細かいことの粗を探すこともできますが、彼がしてくれることの方が遥かに多いです。


日記に、もらった言葉やしてくれて嬉しかったことを書き留めておくと、人の良いところだけが記憶に残ります。


人の記憶は、あやふやな所もあるのであれば、譲れない・忘れたくないこと以外の嫌なことは忘れ、良い記憶で一杯にするのも一つなのではないかと思います。


人のしてくれない所、他の人と比べることはいくらでも出来ます。


けれども、せっかく同じ毎日を過ごすのであれば、不平不満を出し続けるよりも、あるものを見ていきたいです。


油断するとまだ、流産を宣告された時や、どうして育たなかったのかな、私はいつか母になれるのかな、など出かける先先で子供を見るたびに思います。


特に眠たい時は、全く気を張っていないので引き戻されがちです。


けれども、時に身を任せて、私たちにとってきっと1番良いタイミングで物事は起こるんだと、例え強がりでも前を向いて生きる内に、心からそう思えたら良いなと思います。


明日は実家へ帰ります。

長い連休も終わりに近づいています。

旦那さんとの出会いについて①

お題「ちょっとした贅沢」

→私にとってちょっとした贅沢とは、旦那さんがお仕事でも有給やお休みを取って単身赴任先まで来る事です、


お金も時間もかかります。

けれども、ワガママですが、離れ離れな事に慣れてしまうのも、お互いを必要としなくなりそうで嫌なのです。


毎日ブログを更新すると決めたものの、旦那さんと会ってる時に記事を書くことが申し訳無く、旦那さんが寝静まった後、夜にコソっと書いています。


旦那さんはとても純粋で、優しく、してあげたい心を持ったとても懐深い人です。


私と結婚して、共に人生を歩むことを、お付き合いを始めてから1年少しで、素早く決意してくれた事を、今でも心からありがたく思っています。


丁度明日が1周年結婚記念日のため、私達の出会いについて書きたいと思います。


実は私、旦那さんとお付き合いする前、社内恋愛をしていました。


お相手は同期入社、同じ部署で働いており、一緒にいる時間が長くなるにつれ、自然とお互い惹かれ合い。


話が面白くて皆から好かれる人気者の彼から告白され、正直嬉しかったです。


軽いノリではないか、今1番仲良い女友達だからではないかと何度も確認しましたが、

「恋愛だけは真面目だから信じて。」

と言われ、私も一緒にいて楽しかったので、お付き合いしてみることに。


暫くは、相手も私を好きだということが感じられ、幸せでしたが、段々と土日会う頻度も減り、なんと無く別れることが予測できました。


必死で良い所を見て、予定を入れて、寂しい気持ちを紛らわしていました。


お付き合い開始から約半年後、「好きじゃなくなった、別れよう。」と言われた時には

「わかった。」と二つ返事で答える事が出来ましたが、相手からは

「え?」と驚かれました。


物分かりの良い女でいたい、強がりな私の精一杯の抵抗でした。


今までの経験上、失恋からは絶対立ち直れる自自信はありました。

しかし、やはりお別れの時は、自分の何がいけなかったんだろう、と思うものでして。


「前に進むために理由が欲しい。」と別れた後2度程話をしましたが、自分の問題だと言われ。


私は1番仲良い女友達というポジションでつきあってきたのだから、それでも良くないかとプライドも捨ててすがりついてみても、

「そうしたいけど、それこそ終わりがない。好きじゃ無いと結婚できない。」

と言われ、ズルズルキープしないことは、彼なりの優しさなのかなと思うことにして、私の一つの恋は終わりました。


私なりに周りの人に秘密である事を徹底していました、配慮もしたつもりです。


物分かりの良い、空気を察する私が好きなんだろうなとも感じていたので、束縛もしませんでした。


共通の友達が多いので、嫌でも話が耳に入ってきて。

彼氏が合コンに誘われたり、目の前で他の女の子が(別の男友達もいましたが)家に泊まりに行ったりしても、我慢しているつもりでした。


それでも、気をつけていてもダメならば、もうご縁が無かったんだと思いました。


落ち込むだけ落ち込んだら上がろうとするのが人の性。

次は仕事を出来る女になって、見返してやりたいとも思いました。


あなたなんて居なくても私は幸せなんだって、キラキラしてるんだって。


そんな気持ちで一杯で。

一生懸命起き上がって。

友人の紹介や、別の男友達とお付き合いするか、悩みながら、やっぱり何か違うと思うと悲しくなって。


そんな時、私の友達同士を引き合わせる飲み会で人数合わせとして呼んで、向かいに座った人が今の旦那さんです。


何だか毎日ラインをして、お互い長い文章だなあと思いながら、いつのまにか日課になり。


クリスマス、大晦日とデートをして、1月12日にお付き合いすることになりましたが、

当時の私はこじらせ女子でした。


「この人好きって言ってくれてるけども、今だけじゃないか。」と疑っていました。

前は我慢した分、次付き合う人にはは思った事を全て伝えようと決めていたので、素直に話、こんな私でも良ければとしか言えないと伝えました。


旦那さんは、別の男友達が私を好きだと勘違いして焦っていた事も合間ってか、それでも良いと言ってくれて、お付き合いが始まりました。


私とと元彼が付き合っている事を、殆ど誰も知らなかったので、勿論旦那さんも知りませんでした。

そんな2人は共通の友達でした。


私はその後、心苦しくなって知恵熱まで出します。

書き出すと懐かしい気持ちで一杯です。

未練が無く、次へ進めた証拠ですね。

 


改めて、今の幸せな時間は、過去の嫌な事、悲しい事があったからこそ、彩りを増すのだと思います。


長い目で見たら、どんな出来事も自分の糧になる。

いつか、流産についても、心からそう言える日が来て欲しいと思います。


これは無事子供が生まれてくるまで、きっとまた、心配でたまらないのだろうとは思いますが。


長くなりますので、続きはまた明日書きます。

皆様、連休後半も幸せな時間をお過ごしください。


嫌な気持ちを引きずらない。

こんばんは。

突然ですが、昨日帰りがけに上司からご指摘を受けました。


仰っている事はとてもよく分かりました、ご指摘はごもっともでした。

文面で伝えることは難しいのですが、これまで皆が行ってきた事が、そもそもおかしい・特別扱いになっているといった内容でした。 


しかし、私としては会議で決まった事をリマインドメールする係であり、入社当時からそう教わってきた事内容の再共有を、頼まれた通りにしたのに、

どうして私が皆を代表して指摘を受けるのだろうか?という気持ちになっていました。


(誤解がない様に付け加えますと、上司はとても優しいので、分かりやすくとても優しく教えてくださり、特に叱られた訳ではありません!

私が気にしすぎな性格なだけなのです。)


言い訳をしても仕方がないと考え、理解した事と、改めてメールしない方が良かったという事ですよね?今出来ることはありますか?と伝えたところ、

とりあえずは良いとのご回答であり、他の方も含め、誰がどうアプローチするかも考えなければいけないと話は終わりました。


私1人で出来ないと言われたような気持ちにもなりました。


何が嫌だったという原因はまだ特定できていないのですが、なんだか引っかかって、今日も持ち越しました。


せっかく旦那さんと一緒にいても、たまに思い出してしまいました。


旦那さんと一緒にいれるのは、後4日。

仕事のことを思い出してもやっとしながら一緒にいても、休日は仕事のことを忘れて思いっきり楽しんでも、同じ4日間です。


ならば、一緒にいれる時間を大切にしたい。

頭では分かっています。


けれども、忘れようと思ってもまたふと思い出してしまいます。


大したことないのに、気にしてしまう自分がいます。

来週会社に行ったらまた何か言われるのかな。

私が失敗したと他の上司にも思われるのかな。


いくらでもネガティブに考えられます。


けれども、私がメールをしたことにより、今までスルーされてきた、フォロー見直しが必要な箇所が見つけられたとも捉えられます。


旦那さんも釈然としないねと気持ちを分かってくれました。


忘れられない時は、他の側面からポジティブに意味づけをしてみる。

そして、これも良いことだったんだと思えた時に、少し気持ちが軽くなる気がしました。


今日はせっかくの連休なので、黒壁スクエア・彦根城・キャッスルロード・淡路島奇跡の星植物園と盛り沢山観光名所を回りました。


子供がいたらば出来ない事を、今のうちに沢山したいと思います。


旦那さんも新しい環境で結構参っていたと昨日聞いて、何も分かっていなかったなとも思いました。


旦那さんの側に沢山居てあげてということなのかなと思っています。


もやっとした時の対処法。

今日はもやっとした時の対処法について書きたいと思います。


普段余り小さいことは気にせず、忘れっぽい私ではありますが、やはり人間なのでもやっとする日もあります。


その時の解消法をご紹介します。


①何にもやっとしたのか書き出す、もしくは整理する


②何が自分の気分を害したのか原因を探る


③(イラっとしている自分も嫌ですし、)可能であれば、自分の中で解決して、不平不満は口には出さない。

腹落ちしたら早めに忘れるよう心がける。


④相手が対旦那さんならば、自分の考えは口に出さないと分からないので、伝える。

(あくまでも言動を変えてもらう訳ではなく、私はこう思うという形で)


友人や家族、仕事関係であれば「そういう考えもあるか」と深く善悪を決めつけない。


もやっとする事とは、自分の思い通りにならない事から始まると思います。


例えば、今日旦那さんから

「単身赴任の時期があって良かった。」

と言われたことに対してもやっとしました。


私は

一緒にいたらご飯も作って健康も気をつけられる

温かいご飯を作って待っていられるよう

毎日顔を合わせることで寂しくない

家事も手伝える


旦那さんは、

急な飲み会も最初はお付き合いの内で大事、最初から妻がいるからと帰る人は付き合いが悪いと思われる。

自分に余裕が無いと心無い言葉をかけて喧嘩になっているかも。

結果悪いことばかりではないと。


気持ちが分からなくも無いのですが、私がいなくてもやっていけると、私の存在を否定された感じを受けたことが嫌でした。


それを嫌な感じにならないように無い知恵を絞り、

「私と居たら良いことあるよ?一緒にいても私達きっと喧嘩しないし、ご飯も出てくるし家事も手伝えるし…と伝えると、

「「私がいなくて良かった。」という言葉は語弊があったね、ごめんね。」と言われました。


しばらく黙り込んだ後、かつ口数が減っていたので気づいていたと言われまして。


それが私だとも言われまして。

改めて私をよく理解してくれている旦那さんで良かったなあと感じました。


後、夜には考えないことも大切かと思います。

仕事終わりで疲れていると特に、負のスパイラルに入ってしまい、冷静な判断が出来ないので。


拗ねたり、ワガママを言ったり、小さな言葉遣い一つを気にする小さな自分が嫌になります。


けれども、その凸凹埋めてくれる旦那さんがいるからこそ、日々生きていることに幸せを感じるのかなとも思います。


良い女ぶって、自分の中で全て解決して、毎日一緒に暮らす旦那さんにすら仮面をかぶる自分ではいたくないかなとも思います。


優しくしてもらった分、私も何か旦那さんの役に立ちたいと思います。